こんな風に言ってしまうことありませんか?

部下に向かって「なんで分からないんだ!」
子どもに向かって「いいからさっさとやりなさい!」
年下の人に向かって「そんなこと、私達の頃は・・」

相手を思うからこその言葉ですよね。
その言い方がいけないわけではありません。

そのうえで、もしも
「目の前の人に自力で歩んでいってほしい」と
願っているならば

その人に必要な存在は、味方です。

なぜならば、
人は、世の中に一人でも味方がいてくれると思える時に
自分を信じて歩んでいけるからです。

味方学とは

味方学(みかたがく)とは
大切な人の「人生の味方」でいる方法です。

敵を作らなくても味方でいられます。
人生の味方でいる
心の持ち方とかかわり方を研究・実践する学びです。

原則は3つだけ。

【人生の味方「味方3原則」】
1.相手が目指していることを理解する。
2.相手が今大切にしている思いだけでなく、未来に大切にしたい思いも大切にする。
3.相手が思うように進んでいる時も、思うように進めない時も、相手の可能性を信じて見守る。

私たちは
この原則を実践する人を「味方」と定義しています。

具体的には

味方3原則を満たす方法は
100人いたら100通りありますが、

主に3つの視点から考えることができます。

① 自分自身の思いの受けとめ方
② 相手の思いの受けとめ方
③ 相手へのかかわり方

あなたならではの方法を見つけていくために
味方学ワークブックのワークショップがあります。

ワークブック概観

7つのワークがあります。

 1.自分を受けとめる
 2.観る
 3.聞く
 4.安心感を届ける
 5.大切にしたい思いを聞く
 6.自分の人生のハンドルを握る
 7.見守る

それぞれ4つの質問に答えて伝え合うと
あなたならではの答えが見つかります。

4つ目の質問は
ファシリテーターがその場に合った質問を届けるので、
その時のあなたに必要な答えが見つかります。

ファシリテーター がご案内します。
あなたに合った方法を見つけていきましょう。

味方学は、コーチングアカデミーが提唱する
コーチング の考え方を基にしています。
  
味方学研究会は
コーチングアカデミーオンライン校・東京校
主催して2013年5月11日から活動しています。

  
→ 味方度診断